wazawaza のバターケース

『wazawaza』は長野県東御市の山の上にある「パンと日用品の店」です。


わざわざ行かなくてはいけないような場所にある 小さなお店。

まだ長野の実店舗には行ったことがないのですが、時々サイトからお買物させていただいてます。


wazawazaを最初に知ったのはTwitter@wazawazapanを偶然目にしたことからだったと思います。

店主の女性の呟き。

彼女の所謂「日本人らしくない」ともいえるハッキリと物を言う姿勢 というものに

非常に興味を持ちました。


こちらの平田さんとおっしゃる女性、Twitterではパンのことにはそれほど触れずに、

ご自分の商売や政治、教育、地球環境に対する考え方などを常に発信していらっしゃるのです。


*****


なんていうか、私はこういう方とっても好きです。


彼女の言ってることすべてが正しいか否か、そういうことではなくて、

「こういった姿勢で生きる」って、いいな と思う。


人を「信頼すること」と「崇拝すること」は違うのです。


女性同士は、憧れから簡単に崇拝してしまう傾向が時々ありますが、

崇拝しちゃうと、自分がなくなります。

そして、ある意味それは楽なこと。


「信頼して耳を傾けてみる」そして「考えてみる」。

結論は、白黒つけずグレーでもいい。

そんなふうに思いながら、色んなことを見たり聴いたりしてます。



あれ?バターケースの話しようと思ってんのに、なんでこんな話してんだか!笑



そんな訳で、信頼しているショップの1つが『わざわざ パン』なんです。

オンラインから現物を見ずに器を購入するのは、信頼がないとなかなかできませんね。



半年くらい前に買い逃した、wazawazaオリジナルバターケース。

バターを半分にカットすると、2段に重ねてピッタリ収まるよう作られています。

(写真は1段しか入れてません)

陶芸作家「阿部春弥」さんにwazawazaさんが作っていただいているそうです。


今回半年ぶりの入荷だったので、即決で注文してみました。

蓋はスタッキングできるようくぼんでます。

青みのある白磁。

デザインは他にも「面取り」や「細しのぎ」など3種類ありますが、

我が家は一番シンプルな

「プレーン」を注文してみました。


使い勝手が良ければ、今後他のタイプも増やしていって、漬物や調味料など入れてもいいかなと考えています。



『wazawaza』さんのメインは「石窯で焼かれたパン」なのですが、バターケースはすぐに売り切れるとみて、パンは売っていない日でしたが、注文しちゃいましたよ~(>_<)



バターケース以外にも、ALDINのリネンや調味料、スコーンとクッキーを。

ALDINは富士吉田のリネンメーカーですが、なかなか扱ってるショップがないのです。


一度、工場見学まで行こうとしましたが、、、

工場では買えないようでした。(現在はわかりません)


クッキーも「モロッカン ミント グリーンティー」と美味しくいただきました♡

お茶については、今度また書きますねー♪



END


sae*kiri's LOHAS

オーガニックコスメ、 料理と器、日々の暮らし,fashion。

0コメント

  • 1000 / 1000

sae*kiri

sae*kiri’s LOHAS
オーガニックコスメ、life&fashion